みんな 頑張ろう! 応援ネット

更新履歴

平成29年8月15日 新サイト

税務調査の事前対策

■税務調査の事前対策

・会社・個人事業を運営していると避けては通れない国民の義務?
の1つです。
・あまり来ていただきたくないものですが、普段からの心がけと次の準備があれば心配するものはありません。

・当事務所では事前のリハーサル等を行い万全の体制をとっています。 
ご安心下さい!

・相続の調査も別に記載しております。


■税務調査 事前準備資料

過去3年分の次の資料を、ご用意します。

1.伝票・帳簿
2.総勘定元帳・仕訳帳
3.領収書綴・振込支払の控(受取・支払)
4.請求書(受取・支払)
5.見積書・納品書(受取・支払)(工事契約書)
6.給与台帳
7.扶養控除申告書(乙欄適用としないため)
8.タイムカード(出勤簿)・(営業)日報
9.一人別源泉徴収簿
10.取締役会議事録 
(取締役・監査役の報酬月額記載済分もありますか)
11.株主(社員)総会議事録 
(取締役・監査役の報酬総額記載済分もありますか)
12.会社パンフレット
13.会社組織図
14.確定申告書
15.契約書(家賃・取引先) (収入印紙が貼付されているか確認)
16.社内報(社員旅行等の給与課税チェック)
17.棚卸証明書(清書した表の他、原始記録
18.役員等に対する貸付金の契約書
19.退職所得の受給に関する申告書 
(役員の場合は、役会議事録も用意)
20.就業規則 (出張日当規則等)
21.預金通帳(普通・定期・定積・当座照合表・小切手のミミ)
22.保険証券
23.従業員履歴書
24.特別徴収の住民税の通知書(架空人件費のチェック)
25.工事進捗表(仕掛品)
26.出張の場合はその旅行日程明細書
(写真・パンフレット等仕事上のものの資料を用意)

■税務調査で見るポイント

税務調査では次の項目を主に調べます。

1.売り上げのもれがないかで調べるもの
売上請求書 社長個人の預金通帳
2.計上する期間のずれで調べるもの
売上(売掛金)・仕入(買掛金)・経費未払金・在庫(商品・製品・
仕掛品・材料)
3.資産計上か経費となるものかで調べるもの
修繕費・消耗品・貯蔵品・保険料・家賃・支払利息(短期前払い
費用についても調べます)
4.源泉所得税の徴収漏れがないか調べるもの
給料・退職金・賃借料(社宅)旅費
5.交際費課税で調べるもの
交際費・飲食代・紹介料
6.役員報酬が毎期一定の定額払いか

■税務調査その他


・上記の調査で見るポイントはほんの一部を掲載しました。
まだまだ他にもあります。
・たとえば社長及び経理担当者の机の中を検査(個人的な物は置かずに)さらに会社パソコンのデータも見ます。
・現金出納帳を付けている場合は、その日の残高と金庫の現金残高は一致するようにしておいてください。

■注意点
・調査は通常税務署より事前通知がありますが、現金商売(飲食店、小売業等)の場合は事前通知がなく税務署員がいきなり来ることがあります。
・税務調査日の調査官に対する昼食は、税務署内でもうるさく言われていますので、現在は出さなくても心証面で問題はありません

 

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com