みんな 頑張ろう! 応援ネット

更新履歴

平成29年8月15日 新サイト

医師・歯科院長先生へ

■医師・歯科院長先生へ

 

歯科医院淘汰の時代?

今や歯科医院は、飽和状態になり患者さんの奪い合いとなっております。
今後もこの状況は続き、歯科医院経営は大変な時代となっております。
下記、開業医院数・国家試験合格者数を見ても明らかです。



しかし、そんなことはありません。
こんな時こそ、各院長先生がチャンスと思い積極的にアイディアを出し、医院を盛り上げていかなければなりません。

■歯科医院の繁栄条件

歯科医院が繁盛する要件としましては、下記のようなものがあるのではないでしょうか?

 1.立地条件
 2.先生の人柄
患者さんや職員と、コミュニケーションがうまくいっていますか
 3.感じの良い職員の応対態度
 4.口コミで良い評判が伝わる総合的な評価を受けている

①リラックスできる診療室・待合室になっているか
・壁の色
・BGM音楽
・照明
②患者さんに役立つ情報提供がされているか
③診療時間が患者さんに合った時間帯に設定されているか
④高度な治療技術(手先が不器用だとダメです)や、
幅広い医学知識を持っていて、患者さんに説明・理解がされているか
(無口だとこの点はダメです)
⑤予防歯科や審美歯科をうまく取り入れられる体制となっているか
 5.最後に、経営者としての勉強努力をしていますか


■歯科医院は税理士・会計事務所と似ている?

私が運営している税理士事務所も、似たような状況に側面しております。

1.税理士の合格者数が多い
不況であれば手に職を身につけたいと思う人は多いです。
そのため、合格率は変わらないとしても受験者数が多いと、必然的に合格者数が多くなります。
2.独立開業者が多い
「石を投げれば税理士に当たる。」と、よく言われたほど税理士の独立開業者は多いです。
合格者は、いずれは開業することを望んでいる人が多いです。
3.料金の値下げ競争が起きている。
私もそうでしたが、開業当初の人は遊んでいるより、安い料金でも仕事にありつけた方がよい。

と、思う人が多かったりしますので、税理士業界は料金を極端に安くする風潮が一部にあります。

以上のように、税理士業界も生きていくため大変な状況となっております。

しかし、当事務所では少しずつアイデアを出し、新規顧客獲得・お客様の
喜ぶ仕事の実現のため、日々まい進しております。

(たまには失敗をしておりますが、それを糧にしております)

厚生労働省資料より (歯科医院)


・歯科医院の年度別 開業・廃業推移表

1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 5年間累計
開業 2,300 2,640 2,270 2,380 2,630 12,230
廃業 1,240 1,780 1,300 1,350 1,710 7,400
純増加件数 1,060 858 965 1,027 920 4,830

・歯科医師国家試験合格者数
2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 5年間累計
合格者数 2,100 3,150 2,460 2,930 2,190 12,840


・関東の歯科診療所数(2003年12月31日現在)
東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 合計
10,370 4,560 2,990 3,110 21,040

(注)10人未満切捨て表示

 

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com